メルパラを実際に使ってみた【体験談】

メルパラって出会い系サイトの中では2番手でかなりメジャーな部類。
だからいろんなレビューサイトではよく紹介されているけど、紹介フィーの単価が高いのでうんざりするほど、メルパラを褒めちぎる記事ばかりでてくる。
実際のところ、サクラがどのぐらいいるとか業者がどのぐらいいるのか、真実が全くわからない状態でした。
ですので、私が身体をはって実際使ってみることにしてみました。

以下は私のメルパラでの実際の体験談になります。

メルパラ登録用の捨てアドレスを取得

こういう出会い系サイトはサブメールアドレスで登録したほうが絶対良いので、ヤフーメールやGmailなんかの登録がおすすめです。
今回私はヤフーメールを取得して登録しました。

メルパラに登録

ヤフーメールで捨てアドレスを取得したら、実際登録してみます。
しかしこういう出会い系は全部電話番号の登録が必須です。出会い系なんかに電話番号渡したくないよとは思いますが、メルパラは運営元がしっかりしているので、しかたないでしょう。
ちまみに無料で取得できるIP電話(050で始まる番号)では登録できませんでした。

メルパラ内でのプロフィールの登録

基本情報

profile

メルパラにはプロフィール検索機能があり、メルパラの重要な機能の一つとなっています。
大半のユーザーはこの機能を使い、異性のユーザー検索するので、なるべくプロフィールは充実させました。

基本情報2

きょうみあること
このサイトに登録した目的などが書かれています。
これらも検索対象になっているので、ここもしっかり充実させましょう。

メルパラの年齢認証

年齢認証すると600円分のポイントがもらえます。
そして、年齢認証をしないと自由に機能が使えないのでやってみました。

おもに年齢確認する方法は2つあるようです。

– クレジットカードで100円分のポイント購入
– 身分証の写真を送付する

私は書面を送信するのが嫌だったので、クレジットカード認証にしました。

クレジットカード番号を入力するとき最低限確認しておきたいのが、サイトがhttpsに対応しているかどうか。
これがないとクレジット番号が盗まる恐れがあります。
メルパラが利用しているクレジットカード認証システムはhttpsで提供しているため、その心配はなさそうでした。

ただしクレジットカードで確認するには100円支払いをしなければなりません。
100円ぐらい今の時代ジュース1本分にも満たないので、支払いました。
100円支払うと10ポイント獲得できます。

私がメルパラで支払ったお金はこの100円だけです。

下記のミッションをクリアすると最大100ptもらえるので必ずクリアしておきましょう。
新規登録:20pt
メールアドレス登録:20pt
年齢確認:60pt

プロフィール検索

検索

さていよいよお好みの女性を探してみましょう。
地域、年齢、エッチ度、目的などを入力して検索します。

%e7%b5%90%e6%9e%9c

お好みの女性のプロフィールや自己紹介文を見つけてひたすらメッセージを送ってみましょう。
「NEW」と記載されているのは新規登録したユーザーです。新規登録したユーザーはサクラの可能性が他に比べて低いので、こちらを中心にメッセージを送りましょう。
メルパラはプロフィール閲覧でも1pt消費してしまうので、ポイントを無駄にしないように、返信がきそうな女性だけメッセージを送りましょう。
またメルパラには新人検索という機能があり、こちらはポイントが減りませんのでこちらを積極的に使用するのもありです。

私は下記のように送ってみました。
message
あまり長文が浮かばなかったので、一言で。

しばらくすると、するとメッセージがきたり、足跡があったりします。
登録して間もなくの足跡やメッセージはさくらの可能性があるので返信はしませんでした。

さらにしばらくすると送ったメッセージのいくつかが返信きました。
reply
返信率はよかったのですが、こういう援助交際目的の返信がほとんどでした。
約束までの取り付けが早く、実際の場所と時間の取り付けまでできたので、実際会うことはできそうでしたが、今回はやめておきました。

もしこういうものに興味が有る方は登録してみてはいかが??
結果100円しか支払っていませんが、楽しめたので良しとします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする